プロフィール

ますちゃん                    くま:♂、7歳、日本生まれ                     おっとり、ぐ~たら、びびりんぼ                            プライドが高く素直になれないタイプ

ますちゃん             ポテト:♂、3歳、UAE生まれ                  超食いしん坊、人懐っこい、天然                    よくおしゃべりする


Author:ますちゃん                    夫と愛猫のくま、ポテトの2匹と                現在アメリカで仲良く暮らしています。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

温度計

リンク

里親募集中!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くまポテお引越し①

2012.04.09 19:53|・猫との海外引越し
大分前になりますが、くまポテとまたまた海外へ引っ越す事が決まったと書きました。
その引っ越しがいよいよもうすぐ、6月に迫ってきました!
場所は決定するまでほんとに不安だったのですが、アメリカになりました。
他の候補地として、イギリス、オーストラリアがあったのですが、この2カ国に比べたら、アメリカ(ハワイ・グアムは除く)は猫の引越しが大分簡単なので、決まった時はかな~りホッとしました。
これから備忘録として新しくカテゴリーを設けたので、猫たちとの引越しの事、細々と綴っていきたいと思います。
以前ドバイから日本へ帰って来た際も、綴ろうと思っていたのですが、帰国してしまったらすっかり面倒になってそのまま放置でした(^-^;)

まず、アメリカへの入国の条件ですが、州によって多少違うようで、私達が行く州で必要なのは
・獣医師が書いた健康診断書
・狂犬病の予防注射

これだけで、しかも絶対というよりは、お勧めしますというニュアンス(^-^;)

一方、日本への入国条件は厳しいです。
①マイクロチップの装着
②マイクロチップ装着後、狂犬病の予防注射(不活化ワクチン又は遺伝子組換えワクチン)
③1回目から30日以上あけて2回目の狂犬病の予防注射
④抗体価検査(結果は採血日から2年間有効)
⑤検査後、180日間相手国での輸出待機


抗体価検査については、書くとかなり長くなるので割愛しますが、最近ペットと引っ越す人が増えているのか、改正されて大分面倒がなくなりました。
実際に引越しが決定すれば、他にも色々とやる事は出てきますが、条件としては大体こんな感じでしょうか。
最低でも準備に7、8ヶ月は必要かと思います。
しかし、これらの準備を引っ越す前に日本で全て行っていれば、相手国で180日間の待機期間を設けることなくいつでも帰ってこれます。(但し定期的な狂犬病予防注射と、抗体価検査の有効期間が切れている場合は新たに検査が必要)
ドバイに行く時は、最初どのくらいの期間になるのかわからなかったので、上記の事を準備して行きました。結局3年以上いたけど・・・(-_-;)
今回は短ければ1年半とわかっているので、アメリカに行ってから準備を始めても十分間に合うとは思うのですが、縁もゆかりも頼る人もいない所へ行くわけですから、やはり日本で準備して行く事にしました。

大分長文になってしまいましたが(^-^;)
ということで!くまポテはすでにマイクロチップは装着済みなので、次のステップとして3月の終わりに第1回目の狂犬病予防注射に行ってきました。
診察台では2匹とも小鹿のようにブルブル震えていました・・・。

1249.jpg
数日前、ほんの数秒間だけ一緒のベットで寝てたくまポテ♪

引越しが多くてほんとに申し訳ないけど、ずっとずっと一緒にいましょうね!
スポンサーサイト

テーマ:
ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。