プロフィール

ますちゃん                    くま:♂、7歳、日本生まれ                     おっとり、ぐ~たら、びびりんぼ                            プライドが高く素直になれないタイプ

ますちゃん             ポテト:♂、3歳、UAE生まれ                  超食いしん坊、人懐っこい、天然                    よくおしゃべりする


Author:ますちゃん                    夫と愛猫のくま、ポテトの2匹と                現在アメリカで仲良く暮らしています。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

温度計

リンク

里親募集中!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本~アメリカ

2012.06.27 07:28|・猫との海外引越し
126274.jpg

すっかり新たな住居になれた様子のくまさん、ポッちゃん。
日本出国~アメリカ入国までの様子を書きたいと思います。(かなり長文

成田空港にて。

126272.jpg

フライト時刻の3時間以上前に空港に到着するようにして、そのまま検疫所へ向かいました。
(※検疫所へは出国の7日以上前に連絡しなければなりません)
必要書類を見せた後、別室で健康チェックをされて、無事に輸出検疫証明書を頂きました!

その後はチェックインカウンターへ。

12627.jpg

猫トイレは携帯用の購入も考えましたが、やはり少しでも落ち着けるよう、愛用の『おまるdeキャット』を消毒して持参しました。預ける時、少し恥ずかしかった(笑)
猫がいる事を伝えて1匹200$ずつ支払い。
キャリーのサイズなどのチェックはありませんでした。

いよいよフライトです。
本来、客席横1列に対してペットは1匹までだそうで・・・隣同士での席は取れず、縦に前後で取りました。
ところが、私の隣に来るはずだった日本人の方が私達を見て、席替わりましょうか?と申し出て下さいました。
いいのかな?とちょっとドキドキしましたが、ほんとは駄目な事を説明し、もしCAさんに戻って!と言われたらご迷惑かけますが・・・とお断りして、ずうずうしく席を替わって頂きました(^-^;)
案の上、離陸前に私達のところへ来たCAさんが、猫2匹が隣同士でいるのに気付き「ほんとはダメなのよ」と。
でもすかさず、しょうがないわね!と言って離陸の時だけ、くまさんを別のちょっと空いているスペースへ置いてくれる事になりました。
なんだかそんなアバウトな感じに、早速アメリカを感じました(笑)
おかげで離陸時以外は、飼い主2人に足元に猫2匹、ギュウギュウでしたが、家族揃って一緒に乗る事が出来ました。(いけない例ですね^^;)
フライト時間は12時間半の長い旅。
緊張していたはずですが、実は私は飛行機の中でなかなか起きていられない!というおめでたい人。
今回も猫を連れていたにも関わらず、気付いたらどこぞやの空の上。。
約3分の2はぐっすり眠ってしまいました。(もちろん時々は起きてチェックしましたが…)
猫たちもそれまでは緊張しながらも大人しくしていました。
ところが残りの3分の1は、やはり長くって緊張の糸が切れたのか、くまさんが怒って鳴き出しました。
そのうちポテトも鳴き出した為、夫と交代でトイレへ連れて行って抱っこしたり、少しトイレ内を歩かせたりしました。
それだけでも大分、落ち着いてくれたような気がします。
あとは持ってきていたまたたびの木と、搭乗前に食べたお茶漬け屋さんでもらったかつお節をあげて(またまたずうずうしい申し出!でも店員の女の子「私も猫好きなんで」と言ってくれました^^)、なんとか凌ぎました。
鳴き声自体は、殆ど飛行機の音にかき消されていたし、猫たちよりも私達の後ろに座っていた子供たちが超~はしゃいでいた為、目立たずにすみました(笑)

そしてようやくアメリカ到着~!

126271.jpg

一体どんな展開が待っているのだろう?どんな質問されるのだろう?書類はどこまで見せろって言われるかな?一応、全部英文で作成してもらってあるし、ドキドキしつつも、何でもどんとこいっ!っていう心境でした。
ところが・・・!!!
税関で猫たちを見て一言
「Cat?」
私達
「イエ~ス!」 ドキドキ。。
・・・なんと、これで終了~!
もう少し、検疫の証明書見せてとか、キャットフードは持っていないか?(アメリカは肉エキスの入った物は持ち込めないので)くらいはあると思ったのですが、「猫?」の一言で終わりました(笑)

ホテルにて。

126273.jpg 126275.jpg

キャットフードは持ち込めないので、ホテルに到着する数日前にキャットフードと猫砂をAmazonUSAに注文して、ホテルで取っておいてもらうようにしていました。
到着してすぐ、トイレもご飯もモリモリ!元気!

そんなわけで今日に至ります。
なにはともあれ、無事に一緒に来る事が出来てホ~ッとしています(^-^)
しかも今回は、夫不在の中、殆ど私一人で準備をしなければならなかったので、余計に感慨深いです。
でも、色々連れまわして申し訳ないです。まさか、優等生のくまさんがキレるなんて!(^-^;)
こうやってあちこち付いてきてもらって、その土地、その土地で私の大きな支えと癒しになってくれているのだから、ありがた過ぎて、これからはくーちゃん、ポッちゃんではなく、くー様、ポッ様と呼ばなきゃいけないのかもしれません(笑)

スポンサーサイト

テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。